私が絶対にピアノの生徒数を増やさない理由、実は人間出来てないもので〜

ピアノ塾

それは、午後の時間がピアノの生徒でいっぱいになっちゃうと、娘のヴァイオリンの練習時間を削ることになってしまうから(うちは狭いから)が第一の理由なのですが、それよりももっと大きな理由があります。

それは私が疲れちゃうと、私は残念ながら、この歳になっても人間ができていないので、生徒さんに対して、余裕を持って、楽しく対応することが出来なくなってしまうからなのです。

もう10年以上前になりますが、フルタイムでサラリーマンで勤務していて、疲れ果ててレッスンをしていると、どうしてもイライラしてくる事がありました。

普通だったら「あれ〜、ここ出来ないね。じゃあ、今度はこうやってみようか?」
なんて楽しくやれるのに、疲れてボロボロだと、心の中で、

「ちっ!なんでわかんないかね!!!」と少しでも思ってしまい、それを言葉には出さずとも、この気持ちは、ぜーーーーーーーーったいに相手に伝わります。目が違っちゃうんですよ、目が。これはもう、完全にアウトです。

有名音楽大学の有名教授であれば、「あら、教授、今日はご機嫌ななめデスね」なんて許していただける場面もあるでしょうが、私と普通のお子さんの関係では許されないことです。
何よりも私はこういう教師にはなりたくありません。

「うちでやってきてね」という指導は楽だけれど、絶対しない主義にしているし、楽しくて上手くなければうちの教室ではない、と思っているので、どんなにお金が欲しくても(笑)一定数の生徒数は超えないようにしています。その数は少なくて、日本のピアノの先生からは「ありえない、忍耐と体力なさすぎ、もっと働け〜!」と笑われそうですが、そうなのです。

反面、身内にはかなり厳しくなります。
自分の生徒さんに対しては、褒める割合と指導する割合のバランスを絶妙にとって行うようにしていますが、娘には褒める割合1のダメ出し9になったりするので嫌われます。
かといって何も言わないと機嫌が悪くなるし、面倒くさいものです。

話を戻します。

いつも元気で、ストレスのない状態でレッスンをしたいと思っています。
だから、うちのピアノ塾は何十人も生徒さんはいないのですが、笑いの絶えない、面白いお教室です。プロでなくてもそれなりに上手。ちゃんとすぐに人前で弾ける曲をみんな持ってるし、楽しく笑顔で弾いてくれるので、私も嬉しいのです。