ピアノの先生の皆さん「体験レッスン」を無料で提供していらっしゃいますか?私はNo。

ピアノ塾

日本のピアノの先生をやっているお友達数人とお話しして話題に上がった件です。
ピアノの先生のみなさま「体験レッスン」って無料でやっていますか?

自分のことから話すと、よっぽどの例外でない限り(異常なほどお世話になった人の紹介など)私は無料ではやりません。

なぜなら、9月の新学期には、数人の「お初」の生徒さんが私にコンタクトを取ってきて、その年にもよりますが、その数だけでも結構な時間になります。私には既存の生徒さんたちがいるわけで、その間を縫って「体験レッスン」をするのですが、その時間を取るのはやっぱり大変です。

それだけならともかく、初めてのレッスンだろうが、あちらにやる気があろうがなかろうが、その初めてのレッスンで私は「レッスン」をします(当たり前のことだけれど)
ご挨拶をして、おしゃべりをするだけではありません。

お相手があまりにも若く(良く言えば)まるで理解していていないような赤ちゃんの場合は別ですが、そうでなければ、私のところを離れた時には、今まで知らなかった情報を私から得て、帰るわけです。よって、次のレッスンに来る気があろうがなかろうが、私は何かをきちんと教えたわけです。だから、全然悪いことではないと思っています。

オーストリアではこの体験レッスンを「Schnupperstunde」と呼び、頭から無料、と思っている人が沢山います。無料で教える因習のようなものが、確かにあります。
「お客さんがわざわざあなたの所にお試しに来るんだから、初めは無料で当たり前よ」みたいな感じです。だから、普通のオーストリア人の人がお試しレッスンに来る場合は、あらかじめ、きちんと私の方針を説明しなければならないのですが、多くの外国人の生徒さんの場合は、私が言わなくても、レッスンの後、「今日のお題はおいくら?」とご自分からおっしゃる親御さんが100%です。何も言わずに帰る人はいません。

実際の話、ありがたい話、私のところに来てお試しレッスンをして「やっぱりやめます」というのはかなり稀なのです。最近では数年前のコロナのロックダウンが始まる直前にお顔合わせをしたお嬢ちゃん。コロナの初期だったので、これはもう、お互いに無理だな、という感じでした。その彼女も、最近復活となって、レッスンに来るようになりました。やれやれです。

話がずれましたが、日本のお友達先生から、SNSで知り合った人が体験レッスンをして、その後なんらかの理由をつけて、やっぱりやめちゃう、というお話を耳にしてこの件について書こうと思いました。

SNSで知り合った場合、その先生と知り合ってみたい、その人なりに個人的に会って知り合いたいというような、興味本位で近づいてくる人もいるかもしれません。そんなお話を聞いて、やっぱり始めから有料がお互いのためには良いのでは、と思った次第です。

教師と生徒さんの出会いはやっぱりご縁です。お金が発生しても、成り立つ時は成り立つべくして成り立つのです。きちんとしたものを提供できるのであれば、初めてだろうがなんだろうが、きちんと代価は頂いた方が良いな、と私は思っています。