ピアノのレッスン やたら動きの大きな(跳躍ばっかりある)曲の練習法で有効なものは?

ピアノのお部屋

*ウィーンはロックダウンが開け(ワクチン接種者のみ)もう、クリスマスマーケットが開いていました。警察官が団体で見回っているのでキチンと取り締まられている様子です*

これは、今の私のアルアルなので書いてみます。ひょんなことから、リヒャルト・シュトラウスのワルツを弾かなければいけなくて、譜読みを始めたのですが、もうねえ、左手が飛ぶ飛ぶ。これは暗譜してないとまずテンポで弾けないだろうな、という感じでした。

それで、(身をもって)やたら飛ぶ曲の練習法について、書いてみたいと思います。

私自身が実行していて、生徒さんにもやっていただく方法なんですが、「忍びの忍者奏法」です。アホみたいなネーミングですが、こういうの、こっちの子が喜んで覚えるのでそう名付けました。(こっちの子は、ニンジャ、という言葉を知っている)

まず、左手がワルツでブンちゃっちゃ、っとやたら飛ぶとします。そうしたら、まず、亀のテンポで譜読みするのですが、ある程度読めたら、その一音一音の移動を素早くするのです。素早く瞬間移動→鍵盤の上に手を準備する→ピアニッシモで弾く→素早く瞬間移動→鍵盤の上に手を準備する→ピアニッシモで弾く、これをもう、暗譜するまで繰り返します。

決してやってはいけないことは、博打のように跳躍した場所まで乱暴に指を持っていって、ぶっ叩くことです。こんなことをしていたら、ミスタッチの連続となること間違えないし、いつまでたっても弾けるようにはなりません。そして本番で上がったら100%失敗します。

そして絶対に手首から下だけで弾かない(移動しない)ことがポイントです。背中を意識して、指より身体が先に動くことを意識するのです。あんまり大袈裟にやってもバカみたいなので、ほどほどに、ですが。正しい指導の元に行ってみてください。

これらを気をつけて、根性を入れて、自分のものになるまで繰り返します。すっごい忍耐が入りますが、鉄板で必要です。頑張ってください。

さて、ウィーンのワルツについてちょっと述べます。3拍子、といってもただブンちゃっちゃ、ブンちゃっちゃ、と弾けば良いだけではありません。先日、オーストリアの俳優、オットー・シェンクが面白いことを言っていたので、書いてみます。

「1拍目はまあ、普通に弾く。2拍目はちょーっと遅く来て短めに。そして3拍目は…多分来るかも…」だそうです。

ドイツ語でないとちょっと伝わらないかも。最後の「多分くるかも」、は「Vielleicht……」勝手な私の訳です。
ウィーンらしいですね。それではまた!