ウィーン(外出禁止から17日目)マスク着用の義務について 追記あり

Abcオーストリア・ウィーン情報

ウィーン(外出禁止から17日目)

オーストリア 新型コロナウイルス アップデート

オーストリア 4月1日(水)午前8時(オーストリアリア国営放送ORFコロナ・データのウェブサイトより。毎日午前8時と午後2時半頃にアップデートされます。)のアップデートです。

検査を受けた人数: 55.863人
確定症例: 10.192人
回復事例: 記載なし
死亡事例: 128人(3月31日)

オーストリア スーパーでのマスク着用義務

本日よりスーパーの前でマスクが提供され、46日から、大きな食料品店に入るときはマスク着用が義務となります。月曜日夜のクルツ首相の会見によると、「距離を保ち、マスクを使用するのが上手くなれば、店を再開するのが容易になります」とのことです。納得。

まずはスーパーマーケットでマスク着用をテストし、現在閉店している他のショップを再開する時の「モデル」にする意図があるようです。

勿論この政策の目的は感染成長率を下げることです。これを達成するために、政府はできるだけ多くの設定を微調整しようとしています。実際の効果がどれほど大きいかは必ずしも明確ではありません。

正しいマスクの付け方もウェブ上のあちらこちらで見るようになりました。マスクを着用する前に手を洗う。そして衛生学者アレクサンダーブラッキー氏によると、スーパーでもらう使い捨てのマスクは使用後に処分するのが最も安全で再利用してはいけないそうなのです。しかし事実数が足らない為、業界団体はマスクを再利用することを求めました。

スーパーでマスクを求めてパニックになる?

なお、マスクを求める為に店に人が押し寄せたりしてとんでもないパニックになるのではという声も聞きましたが、私はなんとなくそんなことないような気がします。なぜかというと、コロナ意識高い系オーストリア人たちはすでにどこからかマスクを手に入れて着用しているし、コロナ意識低い系は残念ながらマスクなんかに興味がないからです。今日の状態がどうなるか見てみましょう。私は買い物があるのですが、用心して午後に出かけるようにします。店内が混んでいたら買い物は諦めて返ってピアノ練習でもします。

…とここまで書いてアップしたのですが、11時30分、行ってきました。

ここは9区のスーパーマーケットです。入り口で店員さんがマスクを配っていました。素手で配っていたのが気になったのですが、消毒してあることを祈ります。

Billa1

ご覧のように店内はガラガラ。1.5mの距離を保つことはかなり可能です。

私の前の人が現金で支払っていたのですが、この時期迷惑だなと正直思いました。

とにかく、「マスクを求めて人混みで大変」ということがなくて安心しました。しかし、やっぱり独自のマイ・マスクがある方が安心かな、と思いました。消毒済みなのかもしれないけれど、今の時期、マスクを素手て手渡しして欲しくないかな?長男が午後に行ったスーパーでは店員さんは手袋をして配っていたそうです。

マスクお手本の国、日本

欧州と日本のマスク着用習慣の違いについて医療関係者は以下の様に述べています。(本日のORFウェブサイトより)

欧州はマスクが日常生活の一部ではありませんでした。特に日本では、マスクを着用することに長い伝統があります。そこには、人々が自分を守るためだけに顔を覆うのではなく、他人への感染を避ける為に着用しているという精神があります。

ウィーン大学医学部の公衆衛生センターが同じ大学の学長であるマーカス・ミュラーに書いた手紙にはその中で、センターは公共スペース全体でマスク要件を提唱しています。「この措置は日本を含むCovid 19の流行を抑制するのに役立つことが示されている」と。さらに、「マスクを着用すると、個人の自由や職業の行使に対する制限が少なくなります。」

日本人にとってちょっと嬉しくなりませんか?

ここからはわたしの意見です。

このまま永遠に多くの商店、学校機関を封鎖しておくわけにはいきません。いくら太っ腹な事を行って私達を安心させてくれるオーストリア政府だって、経済が破綻してしまいます。少しずつ規制を緩和していかなければならない時が来ると思います。その時にせめて日本のように全員がマスクをしてればまだ、少しでもマシではありませんか?私としてはマスクの習慣が根付いて欲しいと切に願います。マスクをしていても変な目で見られないようになったらインフルが流行っている時だって、防御できるじゃないですか。ビバ、マスク!です。

ウィーン覆面禁止法

そして覆面禁止法についても書かれていました。3年前に、覆面禁止法が決定されました。健康上のマスクは医師の許可があれば例外として許可されていました。実際に覆面禁止法がなくなったわけではありませんが、この現在、コロナ対策のマスクに関しては例外の状態だと書かれていました。(よってマスク着用はOK)わたしは気になったので連邦政府に問い合わせたのですが、考えてみれば当たり前の話です。