オーストリア情報 外出制限措置から41日目 ブラームスのピアノ小品 op118

Uniオーストリア・ウィーン情報

オーストリア 外出制限措置から41日目 ブラームス小品

オーストリア 新型コロナウイルス アップデート(4月24日)

トグルボックス内容

今日の表は単純ですが、わかりやすいと思い持って来ました。昨日4月24日時点で新陽性患者は55人、回復者は178人、現在陽性の患者数は2,585人です。相変わらず、わたしの字が「ど〜ん!」ってかんじでスミマセン。

学校に関するプランも具体化して来ました。5月18日にはUnterstufeの学生が2つのグループに分けられ授業を受け、6月3日からOberstufeの生徒達が、これもグループに分けられそれぞれ授業を受けます。Volksschuler(小学生)はこのコロナ時期、テストも落第もありません。

今日のおすすめ

ブラームスのピアノ曲 6つの小品( 6 Stücke op118)

今日ご紹介するのは、有名なブラームスのピアノ曲、「6つの小品」op.118 です。(6 Stücke op.118)

誰におすすめかというと、音楽大学は卒業したんだけれど、ずっとピアノを弾いていなかったけれど又弾き始めたい、でもどの曲から手をつけたらいいのか分からない、という人にお勧めしたいと思います。長い間、集中した練習に遠のいていた人に、学生時代のようにソナタじゃバッハじゃ手をつけた途端に、「あー、めんどくさい!ブランクありすぎ、やーめた!」となるのですが通常。そこでいつもお勧めするのが、このような小品かヴァリエーションです。ブラームスの小品は特に優れものです。

(初心者の大人の趣味の方にはあまりお勧めできないです。なぜかと言うと、これはブラームスの後期の作品で内容的にかなりやっぱりきちんと弾いて欲しいものだからです。声部の弾きわけ方もきちんとしたテクニックが必要です。2番とか適当に弾かれるとかなり悲しい…。だからある程度基礎ができてからチャレンジしてみましょう!)

素人の方でも2番はよく耳にすることがあると思います。ドラマで、わたしのイチオシ、長瀬くんのお母さん役で大竹しのぶさんも毎回弾いていました。とっつきやすいのはやはりメロディーが綺麗な1番、2番、6番あたりだと思います。

ヘンレ版

ベーレンライター版

楽譜が家になくて、買うのだったらベーレンライターはおすすめです。私が持っていたのは上のヘンレ版。私はヘンレオンライン版もたまに購入します。ベーレンライターは、先生達は学生に勧める傾向があります。ちょっと高いけどね。

Amazonで偶然見つけたました。イーヴォ・ポゴレーリッチ様は私達の若い時からの永遠のアイドルなのですが、録音していたのですね。是非聞いてみたいです。キーシンの録画もYouTubeで見ることができます。かなり若い時の録画で、1番は彼の若い時の演奏らしくワーって終わるのですが、2番は若い時の彼でも、さすが、おロシアンシューレだなと思います。

あまり正統ではないのかもしれないですが、グールドの6番も私は好きです。

そういえばこの小品の6番、美しく素晴らしいメロディーなのですが、みなさん、大ヒットしたドラマの「家政婦のミタ」ってご存知ですか?私はあのイントロを聴いた途端、このブラームスのop118の6番だと思いました。それ以来、6番を弾き始めるとミタさんの顔が浮かんでちょっと困りました。

にているといえば、話は変わりますが、NHKの「真田丸のテーマ」(三浦文昭くんが弾いているやつ)、バルトークのヴァイオリン コンチェルトの2楽章にそっくりで、娘がとなりの部屋で練習しているときにかなり気になって仕方がありませんでした。😅

ブラームスは綺麗な曲を沢山作曲しています。楽しんで弾いてみましょう〜😊