ピアノ・ヴァイオリン騒音問題 苦情が来たらどうしましょう!?

ピアノ塾

音楽を学ぶものにとって一番の悩み、と言っても良いかもしれません。
騒音問題。皆さんどうしていらっしゃいますか?

日本の多くの音大生、ピアノの先生方は防音設備をしていらっしゃるそうです。ピアノ以外でも騒音が原因で怖い事件が起きることもあるようなので、万全を機したいところです。

さて、オーストリアで騒音問題が起きたらどうしましょう?
まずは、自分が加害者(というのも変だけど)の場合です。私ならこうする、こうしてきた、こうするであろう、ということを書きます。

練習をしていて誰かがやってきて、「ピアノの音がうるさくてたまりません。やめてくれませんか?」と言われた場合。

昼間の場合でも夜の場合でも、一応は謝ります。これは交通事故ではないので、「謝ったら負け」ということを心配する必要はありません。まずは怒りまくっている相手をなだめる。
「ああ、ごめんなさい」
そして、自分の理由を述べる。

「私、ウィーン国立音楽大学のピアノ科の学生なんです。だから1日に最低でも○○時間、練習しなければいけないのですが、どの時間帯だったらあなたに撮って大丈夫ですか?話し合って解決できますか?」

と丁寧に聞く。

これで相手が良識的な人だったら「私は何時から何時まで家にいないから、その時間に弾くようにしてくれると助かるわ」とか「夜の10時以降は弾かないでください」等の解決案が出て、そのルールに従えば以降、問題なしのはずです。だからはじめのこのプロセスは本当に大切です。

しかし相手が怒りまくっていて、

「冗談じゃないわ。二度と聞きたくないわ。この下手くそ!」などと反応したらこれはもう、諦めるしかありません。確かな統計は取っていませんが、裁判沙汰になると大抵負けます。昔は「夜10時までは音出しOK」などという都合の良い口コミが出回っていましたが、どうやら違います。知り合いは「1日、2時間なら弾いても良い」という判決が出て、結局引っ越しました。音大のピアノを借りたとしても、ピアノ科で1日2時間の練習は不可能ですから。ヴァイオリンも同じことです。解決案は引っ越し。。。。。

隣人からドアをドンドンと叩かれたときも、同様です。
日中であればその場で、夜であればすぐに練習をやめて、後日、日の明るい時に訪れてみる。(女性の場合は友人と一緒に行ってもらうか、Hausmeisterと一緒、できれば一人で行かない)話し合うことが大切です。

最も悪いのは逆ギレしてドアを叩き返したり、ケンカ腰に出ることです。これだけは絶対に避けましょう。断言して良い結果にはなりません。引っ越しして費用を払うのはあなた。。。

音出しのアパートを探すときも慎重に探すことをお勧めします。音大生を対象に貸し出しているところなら多分問題ないと思いますが、普通の不動産屋さんは貸してしまった後のケアはしないので(日本とは違う)注意が必要です。

次回は自分が騒音被害にあった時のお話をします。
私の経験は結構壮絶だったので、お楽しみを!